ものづくり補助金スタート!

2016-02-22

木本公認会計士税理士事務所の木本です

ものづくり補助金がスタートしました。
年間中でも、最も採用率が高い回となります(初回が統計的には最も採用率が高いようです!)

今年度は、募集期間は、2月5日〜4月13日となっており、まだまだ時間的に余裕はあります。

募集の対象ですが、「革新的サービス」・「ものづくり技術」であり、それぞれに以下のような3つプログラムが用意されます。
① 一般型:設備投資が必要であること。(上限金額 1000万円)また、一般型については、複数の企業による共同開発の場合は、会社数*1,000万円が上限となります
② 小規模型:設備投資は必須ではない。(上限金額 500万円)
③ 高度生産性向上型:IoT生産設備導入などの設備投資が必要、かつ、高度生産設備導入であること(上限金額 3000万円)

補助対象ですが、多少残念な感じがありますが、直接人件費が対象からなくなりました。直接人件費とは、本プロジェクトに関わる社内の人員の人件費のことです。特に、IT業界での参加においては、大半が直接人件費を求めて、申請するケースが多くあったように見受けられますが、今回から、対象外となります。
それ以外の補助経費は、前回同様で、基本的には外部への支払いが対象となります。
ただ、高度生産設備については、前回よりお大幅な補助金上限の増加がありました。野菜工場や製造業における先進的なラインの導入を導入し、ものづくり技術を高める会社にとっては、非常に良い制度であると考えれます。

本申請により採用されるためのポイントは、いくつかあります。
事業計画において、中小企業庁のガイドラインや記載要領で求められている内容の記載、実現可能性が感じられるような記載方法、などを網羅的に記載することが要請されます。
もちろん、これにいくつかの要素を付け加えることになります。

本補助金は、認定支援機関の支援を前提としているものとなります。
当事務所も認定支援機関として、補助金の獲得の支援をしておりますので、申請を計画されている方は、当事務所にご相談いただければと思います。

東京で会計顧問・税務顧問や、経営コンサルのことならお気軽にご相談ください。
Copyright(c) 2016 木本公認会計士税理士事務所 All Rights Reserved.