銀行融資について

2016-02-01

銀行融資の話

木本公認会計士税理士事務所の木本です

今回は、銀行融資に関してお話していきたいと思います
銀行融資については、種々そのニーズをお聞きします。またそれを支援する方も、融資を出してもらうには、・・・、というHow to 話が多いように思えます。

しかし、銀行の融資を融資の時だけを捉えるのは、間違った対応方法だと断言できます。
銀行の融資ではなく、「銀行との付き合い方を考えること」が重要です。

そのためには、まず理解いただきたいのは、銀行は企業の重要なパートナーであることです。
もちろん、すべての要求に応じるべきであるとは、全く思いませんんし、こちらが助けて欲しい時には助けてもらうような関係をできるだけ築くことが重要です。
そのためには、情報の開示とスケジュール通りの返済の実行が必要になります。なぜ、これらが必要かと言えば、これにより信頼関係を築くためです。

ちょっと、脱線しますが、信頼関係を築くためには、「下町ロケット」にあったような銀行を選んではいけない、ということも重要な要素になります。

そのため、まとめると
①理路整然かつ定期的な情報の開示
②スケジュール通りの返済実行
③相手の金融機関を選ぶ

ということになります。

特に、③は、本当に苦しいときの態度を見極めることが重要だと思います。また、これから銀行との関係を築いていくのであれば、まずは、幾つかの銀行と話をして、その銀行の融資スタンスなどを見ながら、判断していくことにななると思います。

①の情報開示ですが、やはり事業計画は持っておいたほうが良い。もちろん、こんなものを必達至上主義的に用いるのではなく、事業計画は、今後数年内の方針やそれに基づく経営者としての見込決算数値を表し、経営者が自分の言葉で、銀行に対して情報開示し、さらに、事業計画と実績との対比も含めて、きちんと説明をしておくことが重要です。もちろん、実績や計画の中にあるリスクファクターについても、説明することが重要です。

私の顧問先では、できる限り、このような事業計画と実績評価の関係を明確にしようと思っております。もちろん、費用がかかるため、いつも行っているわけではないですが、ベンチャー企業や事業の変動が大きく、不安定要素がある場合には、必ず行うようにしています。

さらに、これらの結果を定期的に報告することも非常に重要です。融資を受けるときではなく、定期的にも必ず実行することが必要です。

②については、当然と言われると思います。もちろん、その通りですが、それだけではなく、自分が返せると思う金額以上の金額を借りてはいけないということです。私も、これまでそのような相談を受けるときがありますが、借りても返せない場合は、借入はやめて、それ以外の方法を探すようにしています。しかし、この点をきちんと行うことで、信頼感は大幅に増します。

以上が、当事務所で考えてることであり、日々の実践の内容となります。

東京で会計顧問・税務顧問や、経営コンサルのことならお気軽にご相談ください。
Copyright(c) 2016 木本公認会計士税理士事務所 All Rights Reserved.