税務調査に備えて

税務調査は、企業の税務申告が正しいかを調査するものです。税務調査と聞くと、きちんと申告していると思っていても、漏れがないだろうかと不安になる方もいるかと思います。
税務調査の概要を知っておくことで不安も軽減されます。ここでは税務調査に備え、その概要についてご紹介します。

税務調査とは

税務調査は、企業に行政機関から国税調査員が派遣され、「質問検査権」という権利のもと行われます。納税者は「受忍義務」があり、これを拒否することはできません。調査員が企業から申告されている内容と帳簿などを照合し、間違いがあれば是正を求めるといった調査になります。税務調査には「任意調査」と「強制調査」がありますが、通常の場合「任意調査」となります。

調査の流れ

任意調査はまず、税務署内で申告された決算書や確定申告などの書類を調査する「机上調査」が行われ、企業に出向いて行う「実地調査」が必要であるかどうか検討します。実地調査が必要と思われる企業は、営業規模が大幅に拡大されていたり、申告された書類の数字の変動が激しかったりした企業、また提出した書類に疑問点がみられる企業などです。

実地調査

実地調査が実行される場合、税務署から企業に連絡が入り、調査日程を決めます。税務調査が入る当日は、調査官と企業の担当者で行われます。実地調査で帳簿に不備や間違いがあるとその場で指摘を受けるため、企業の担当者には、調査員からの質問や指摘にすぐに対応できる人材が良いでしょう。実地調査の際、企業側の税理士の立ち会いも認められているので、顧問契約を結び税務を任せている税理士がいれば、一緒に立ち会いを依頼します。

税務調査をはじめ、税務や会計業務で悩みや不安を持っている企業は少なくありません。
そうした企業におすすめなのが、税理士と顧問契約を結ぶことです。税理士と顧問契約を結ぶことにより、不安に思っている税務調査の対応、各種申告、記帳代行などを任せることができ安心です。

当事務所では、顧問契約を結んでいただいた企業の成長に貢献できるよう努めさせていただきます。企業を成長させていくための顧問税理士をお探しの方や、これからベンチャー企業を立ち上げるための顧問税理士をお探しの方、ぜひ当事務所をご利用ください。顧問契約に関するお問い合わせ、料金についてのご質問なども、お気軽にご連絡ください。

 

東京で会計顧問・税務顧問や、経営コンサルのことならお気軽にご相談ください。
Copyright(c) 2016 木本公認会計士税理士事務所 All Rights Reserved.