費用・経費と損金の違い

企業活動を行うと、水道光熱費や広告宣伝費といった「費用・経費」が発生します。
法人税の計算で使われる「損金」も企業活動で生じたものですが、費用・経費とは意味合いが微妙に異なります。費用・経費・損金という3つの言葉の意味をご説明いたします。

費用・経費

費用とは、一般的に会社が支出した金額のことを指しますが、会計上では企業活動で発生した経済価値の減少を指します。例えば、日々の活動で発生する労務費や交際費、材料費などが費用にあたります。

これに加えて、経年劣化による減価償却費のような、実際の支出を伴わないものも費用に含まれます。分かりやすく言うと、費用は収入・収益の反対語です。一方、経費は費用と同じような意味で使われていますが、所得税の計算では損金という言葉がないため、代わりに「経費」「必要経費」などの言葉を使う場合があります。このように、経費は状況によって意図する範囲が変わるため、定義しづらい言葉なのです。

損金

損金とは、法人税を計算する際に、収益や益金から差し引くことができる金額です。売上原価や給料、交通費、水道光熱費など、企業活動をする上で発生する支出が含まれています。費用と損金は似ているようですが、会社が支出した費用を全て損金にできるわけではありません。

損金は費用と比べて対象範囲が狭くなります。会計上では費用となる交際費や減価償却費、役員に対する賞与、交通違反の罰金、使途不明金などは損金と認められない場合があります。複雑な部分が多くありますので、税務顧問サービスなどで専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

 

税務顧問サービスをご希望される方は、当事務所をご利用ください。大手監査法人での勤務経験を活かし、中小企業経営コンサルティングを行っております。素早いレスポンスと顔の見える対応をモットーに、決算対策や記帳代行、税務調査の立ち会い、資金繰り計画支援などのサービスを提供いたします。税務顧問サービスの料金につきましては、お電話・お問い合わせフォームにてご相談ください。

 

東京で会計顧問・税務顧問や、経営コンサルのことならお気軽にご相談ください。
Copyright(c) 2016 木本公認会計士税理士事務所 All Rights Reserved.