経営数字でベンチャー企業を強くする

ベンチャー企業の健康状態は何を用いて把握すれば良いのでしょうか。それは「数字」です。これから会社を強くするためには、経営者自身が数字を読み、理解して経営に活かすことが求められます。会社を強くするための経営数字をテーマにお話しします。

企業経営を支える3つの数字

会社経営は「資金・会計・税金」の3つの数字に支えられています。その中でも特に重要な資金については、多くの経営者様も非常によく見ておられますが、その反面、会計や税金は任せきりにする傾向が強くなっています。

お金は社長、会計は経理担当者、税金は税理士…とそれぞれが孤立し、うまく連携できていない事例も少なくありません。経営者が経理を知らないということは、会計・税金という2つの数字を無視することになります。結果として売り上げばかりに気を取られ、気がつけば資金が底をついていた、という事態に陥りかねません。

経営活動の指揮をとるのは、スタッフでも税理士でもなく経営者です。だからこそ、経営者自身が会計・税金をしっかり把握した上で、それぞれのバランスをとることが大切です。

会計・税金の後回しから起こる問題

売り上げだけを重視し、会計・税金を後回しにすると起こりがちな3つの問題があります。もし当てはまるものがあれば、この機会に少し意識を向けていただければと思います。

会社の全体像がつかめない

会社の業績を表すB/S(貸借対照表)とP/L(損益計算書)があります。このうちB/S(貸借対照表)にはこれまでの業績、どのような経営を行ってきたかが全て映し出されます。B/Sが読めなければ会社の全体像がつかめず、経営改善のヒントも得られません。

節税のあまり無駄遣いをする

税金を減らしたいがために、経費をかけてもほとんど効果のない部分にお金をかけてしまいがちです。税金を極限まで減らそうとすると、かえって無駄遣いになる可能性があります。

税金を過度に恐れる

税金を過度に恐れてしまうことも問題です。税金がいくらかかるか分からないので、お金が使えないという声も少なくありません。税金を意識するあまり、本当に必要なものにお金が使えなくては本末転倒です。正しい税金の知識がないために、無駄な税金を払い続けてしまう例もあります。

自計化で経営数値の感覚を養う

開業当初は売り上げを上げることに必死ですが、事業が軌道に乗ると同時に経費も増えていきます。この時期からは数字という客観的なデータを用いて、本当に必要な部分に経費をかけることが重要です。数字は「習うより慣れろ」ですので、まずは決算書や試算表など、自社の数字を眺めることから始めてみてはいかがでしょうか。

経営数値に対する感覚を養うには、無理のない範囲で自計化を導入することも有効です。自社の現状をいち早く正確につかみ取る、それが自計化のメリットでもあります。意識して数字を眺めると、様々な疑問点が湧いてくるかもしれません。少しでも疑問に感じることがあれば、ぜひ会計顧問サービスにて税理士を頼りにしていただければと思います。

当事務所では記帳代行・自計化支援・節税対策など、中小企業の段階に合わせた税務会計顧問サービスを提供しております。会社を強くすることを目指した会計顧問サービスで、クライアント様のご要望に責任を持ってお応えします。会計顧問サービスに関するご相談は、当事務所までお気軽にお問い合わせください。

東京で会計顧問・税務顧問や、経営コンサルのことならお気軽にご相談ください。
Copyright(c) 2016 木本公認会計士税理士事務所 All Rights Reserved.