遺産分割対策

 
事業承継では、親族内に財産の相続を行う人数や後継者候補以外の相続人への相続財産をどのように配分するのかなど、種々の面での検討が必要になります。

事業承継では、遺産分割の問題は重要な問題となります。
実際に相続では、各相続人への相続すべき財産の決定、各相続人への相続財産譲渡額の決定、相続の実施と会社経営の安定化のための後継者候補への確実な承継の両立、各相続人への相続財産の譲渡、相続実施のタイミング決定など種々の要素が必要になり、遺産分割は、各相続人への譲渡対象、譲渡額の決定および実際の実行を行うことで終結します。
 
遺産分割については、実際に遺産分割する対象が、現金預金だけではなく、不動産・保険・グループ企業の一部や事業の一部であるケースなども想定されます。
そのため、事業承継において、後継者への確実な経営および株式等の承継を行いつつ、ある程度の公平性を持つような相続財産の分配を行うという観点から、対象財産を分割するために必要な税務上のスキームや相続税・贈与税等の軽減のための手法などを検討することが必要になります。

当社では、税務スキームについては、税理士事務所にて対応し、その他の部分についてはアドバイザリーサービス会社で対応することにより、全体をワンストップでご提供させていただきます。
 
まずは、お気軽に無料相談をご利用ください。

 

お問い合わせ
東京で会計顧問・税務顧問や、経営コンサルのことならお気軽にご相談ください。
Copyright(c) 2016 木本公認会計士税理士事務所 All Rights Reserved.