企業再編について

 
企業再編には、1) グループ企業再編と、2) 業界再編等が想定できると思います。

業界再編としてあげられる事例としては、複数の競合他社との生産統合や販売統合などの特定の機能の統合によるコスト削減(規模効果が発生することが前提)や外注先の再編など種々の要因があります。
 

1. グループ企業再編

グループ企業再編は、企業グループの関係会社(子会社・関連会社)の再編であり、複数の要素を複合的に検討することになります。

  1. グループ企業の全体の戦略・事業計画の策定の支援・アドバイス
  2. 全体の戦略に関するコアグループ企業に関する再編計画の策定の支援・アドバイス
  3. 全体の戦略に対してノンコアグループ企業については、現状維持グループ・売却あるいは清算グループに分離し、必要な支援業務を実施の支援・アドバイス
  4. 各社の財務調査の実施と再編手法(税務スキーム含む)の立案
  5. 各社の事業価値算定の実施し、グループ再編の効果の明確化

以上のような複合的な検討を実施することになると想定されますが、各社の状況により内容は変わります。
そのため、まずはお気軽に無料相談をご利用ください。
当社からグループ再編に関する概要のご提案、報酬等のご提案をさせていただきます。
 

2. 業界再編

業界再編については、種々の置かれている状況により、再編の方向性が全く異なります。
そのため、まずはお気軽に無料相談をご相談ください。
業界再編の方向性の案をご提案させていただきます。
 
もちろん単純な製造機能の統合、物流機能の統合、販売機能の統合などの合弁会社設立による再編については、再編手法(スキーム)案や税務上の検討も含めて種々ご対応させて頂きます。

 

お問い合わせ
東京で会計顧問・税務顧問や、経営コンサルのことならお気軽にご相談ください。
Copyright(c) 2016 木本公認会計士税理士事務所 All Rights Reserved.