M&Aアドバイザリーサービス

 
大胆な組織変更や経営戦略の早期実行等を可能にするM&A取引。
すでに日本の会社でも主要な戦略の一つとして注目されています。

また、昨今も非常に多くの経営者・CFOが設備投資以外に大きな投資としてM&Aを考えており、某調査会社によるCFOに対するM&A計画に関する調査では、実に90%以上がM&Aを検討あるいは将来的な選択肢として考えていると回答しており、今後も重要な戦略であるといえます。

しかし、M&A取引の特徴とは、現状の会社組織に、別な事業(会社)組織が加わる取引であり、ヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源すべてに大きな影響を与えます。
そのため、M&Aを行うには、各取引ステップを適切に実施して行くことが必要になり、経験豊富なアドバイザリー会社が必要であると当社では強く認識しております。

また、独立したアドバイザリーサービス会社として、顧客企業の利益を最大化するようにサービスを提供します。
これは、多くの中小のM&Aアドバイザリーサービス会社が、売り手・買い手のマッチング(=仲介)がアドバイザリーサービス会社の役割(=仲介会社)のように説明しているケースが散見されますが、当社は、他社とは異なるスタンスを取っています。

その理由は、M&Aは不動産取引とは異なり、ヒト・モノ・カネに重要な影響を及ぼすことから、自社の将来の経営に良い効果をもたらすように、案件を最後まで進める必要があります。
したがって、双方を紹介し、M&Aの基本合意した段階でサービスを終え、買い手・売り手双方から手数料を得る仲介ビジネスは、売り手も買い手の利益も守れないため、本質的に当社が目指すサービスとは異なるため、相当程度の理由がない限りは、当社は、買い手あるいは売り手どちらか一方を顧客として、最終的な契約締結・クロージングまでサービスを提供します。

当社精通する業種ですが、これまでの事業法人向けのサービス領域としては、金融業界を除く業界には、ほぼすべての業界に対してアドバイスを行っております。
また、地域の特殊性やニッチ市場の場合にも、業界調査や関連するリレーションから早急に、情報の収集を行い、サービス提供ができるものと考えております。

最後に、当社は、中小企業の皆様に本当に必要なアドバイザリーサービスを、質の高い次元で、相対的に低いコストで提供していくことを目的にしております。
ぜひとも、当社に種々ご相談いただければと思います。
また、M&A案件として成就するかどうか不明な場合や本当に初期的な計画段階でも構いません。
皆様からのご質問は、当社のサービスをさらにより良いものにしていくものと考えております。

是非お気軽にご連絡いただければと思います。

 

お問い合わせ
東京で会計顧問・税務顧問や、経営コンサルのことならお気軽にご相談ください。
Copyright(c) 2016 木本公認会計士税理士事務所 All Rights Reserved.